美美子ブログ

美容商品おススメまとめブログ

芸能人になる為にはオーディションを受けるしかない?

オーディションは受けなければいけません。

よっぽどコネがない限り、一般人はオーディションを受けるか原宿でスカウトされるかです。

 

ちなみにスカウトは原宿だけでなく、私の知人の子供は、ららぽーと船橋だったり、IKEAでスカウトされたらしいです。

 

二人とも目のくりっとした男の子と女の子で、やっぱり目が大きくないと芸能人になれないのね、なんてママ友と話していました。

 

こんなに身近に数人のスカウトがあるかと思うと、そんなに高い門ではないのかもしれません。

 

私事にはなりますが、

人生で色々あった時に、「笑う」事が出来ず、下を向いて歩いていたので、もっと前を向いて歩きたいという思いから、身長158cmしかないくせに、モデル事務所でウォーキングのレッスンを受けていました。

 

モデルさんの歩き方って、実はすごく難しいし、また鏡の前でポージングを取って下さいと言われても恥ずかしくて恥ずかしくて、もじもじしていました。

 

いや、そもそも同じスクール生が10代から20代の可愛い女の子ばかりで、アラサーのおばちゃまは年齢だけでも恥ずかしい訳です。

 

もちろん、モデルの卵さんなんかもいて、それはそれはスタイルも良く、背が高く、何をどう生きてきたら、私とこんなに差がつくのだろうと、つくづく自分が嫌になってしまい・・。

 

いやでも、

よくよく考えたら、私は人生を前を向いて歩きたいから、ここにきている訳で、

この素敵なスタイルのモデルの卵さんとライバルになるつもりも、なれるつもりもないので、開き直り、せっかくなのでかっこよく歩く練習を頑張りましたが、

 

足の付け根がポキッとなるわ、足と手が一緒に出るわで、

吉本かっ!

とつっこみたくなる始末。

 

ウォーキングだけでなく、メイクやピラティスも教えてもらい、街中を颯爽と歩けるようになった時は、鏡張りのショーケースは必ず横見。

 

誰も見てないのに、顎をツンと上げて、ハイヒールを履いてコツコツと大股に歩く。

これが気持ちよくて(;^ω^)

 

最終的には、モデルになりたい訳ではなかったので(200%なれないんだけど)数年でやめてしまったけど、すっごく良い思い出。

今では、小さい子供がいる為、ヒールなんてとても履けない。

 

今しかできない事って絶対あると思います。

30代になると、やれることが狭まれて、仕事だったり、子育てだったり、ママ友の付き合いだったりで、20代にできなかったから、今からやろうと思っても、制限されます。

 

有名芸能人が多数所属する大手事務所タレントスクールでは、数々のオーディションを行っていますので、芸能人やモデルになりたいという方は、まず最初の一歩を歩んでみてはいかかでしょうか。

 

芸能界に憧れている人なら、人生一度きりなので、オーディションを受けてみると、それはそれで経験になりますよ♪

 

ドラマ・CM・PV・撮影会などの現場も経験できる芸能事務所はこちら